広島 リフォーム TOTO水彩プラザ

水まわりトラブルマメ知識


住宅の大敵!今の時期が気になる
シロアリの基礎知識

日本に生息するシロアリは主に地下(土の中)から建物に侵入するイエシロアリとヤマトシロアリです。これらは湿気が多く風通りの悪い暖かいところを好むことから住まいでは水まわり、特に浴室が被害に遭うことが多く、春から夏前にかけて分巣の為に一部が羽アリとなり飛び立つ際に被害に気付くことが多いようです。また近年では外来種であるアメリカカンザイシロアリの被害が問題視されており、これらは湿気を好まず特別に水を必要としないため乾いた木材の中でも生活ができ、土の中からではなく飛来等によって建物に侵入することから今後被害の拡大が懸念されています。

                                   

シロアリに汚染された床下現場      ヤマトシロアリの羽アリ
   

シロアリと聞くと家などの木材の害が1番にうかぶと思いますが、実際には木材だけではなく、布や紙類、ゴム製、ビニール、コンクリートまでどんなものでも被害を与えます。家の床がブカブカする・ふすまやドアの開け閉めがスムーズにできない・浴室の窓枠や敷居が水腐れしている・浴室のタイルにヒビがみられる・このような状態があるとシロアリによる害である可能性があります。

思い当たることがあれば、早期に対処することをお勧めします。

 
シロアリ駆除の工程
 


薬剤を注入する機械を積んだ車両       柱などに薬剤注入口を作ります

そこから薬剤を注入し、地面全体にも噴霧を施しシロアリを退治します。
(玄関や浴室がタイルの場合、タイルに小さな穴を開け、薬品を注入します。)
シロアリは駆除していない部屋へ逃げ込み、再度繁殖しますので、この工程を1F全部屋行うことをおススメします。

 

 

▲トップページに戻る




                                                  

TOTO水彩プラザのことをご紹介します

  施工事例を見る  スタッフ紹介を見る  会社概要を見る


TOTO水彩プラザへのお問い合わせ・ご相談はコチラから