広島 リフォーム TOTO水彩プラザ

代表挨拶

弊社のホームページをご覧頂きまして、有難うございます。 取締役の大田 太です。

創業直前の時代背景は…

TOTO水彩プラザ広島株式会社は1999年12月にTOTO株式会社とその特約店である大田鋼管株式会社の合同出資により創業されました。

創業直前の時代背景は、バブル景気により様々な多機能化した商品が普及した後であり、その普及した商品が老朽化、劣化を向かえる時期でありました。
バブル期までは老朽化した製品を新商品に取り替えるという動向が消費者の皆様にありましたが、その頃になると老朽化した商品を取り替えるのではなく、部品を交換し再利用する、という動向に変わっている時でした。
大型ホームセンター等が各地で出店し、自分でやる「Do it your self」という考えが定着して来た頃でした。
 

そして誕生
そんな動向を感じとった、当時のTOTO 重渕社長と当時の大田鋼管 大田社長が意気投合し、お客様の「困った」を「良かった」に変えるお店 と言うキャッチフレーズで、主に「TOTO製品」の部品販売を目的とした会社を誕生させました。それがTOTO水彩プラザ広島です。 
 

進化がはじまる
それから後、創業より5年程は「TOTO製品」の交換修理や部品の販売でお客様のお役に立っておりましたが、その頃には、器具が壊れた事がきっかけであったが、実は「より快適に」、「より安全に」住まいたい というお客様が増える傾向にあり、今までの修理や部品販売だけでは、真にお客様の「困った」を「良かった」に変えることは出来なくなってまいりました。
 そこで弊社も そんなお客様のために「より良い住まい作り」を実現できるように住宅リフォーム提案を手掛けるようになりました。丁度その頃でしたが、「悪徳リフォーム業者」の被害が頻繁に報道されるようになり、消費者がリフォーム事業者を厳しい目で見るようになってきました。その様な環境の中でTOTOというメーカーから受ける安心感と、地元で長い間 事業を継続している大田鋼管が出資しているという安心感をお客様からいただき、TOTO水彩プラザ広島では、お客様からリフォーム工事についてもご支持いただけるようになってきました。
 

これから…
私の目からしても未熟な部分も有り、お客様の期待以上の仕事が充分に出来ているとはまだまだ 言いがたい状況ではございますが、工事終了後の「お客様満足度アンケート」に アフターサービスとして「定期点検」は必ず実行し、また、定期的にニュースレター「スイサイ」を発行しお客様と常に繋がっておりたいと思っております。
これからも地域のお客様からご支持いただけるお店を目指し、出資会社同様に永続してお客様のお役に立って行くことがこの会社の責任であると認識しております。改めまして、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

 ▲ ページトップへ戻る


TOTO水彩プラザのことをご紹介します

  施工事例を見る  スタッフ紹介を見る  会社概要を見る


TOTO水彩プラザへのお問い合わせ・ご相談はコチラから